下取りの時の諸経費について

下取りの時の諸経費について

 

自動車下取りよりも自動車買取のほうがいいよという紹介をしました。

 

じつは、下取りは手間もかからないしそこそこお金になるしいいか、と思いがち。

 

しかし、下取り時の諸費用で1万円以上損することもあるので確認しておきましょう・

 

下取り車査定料

 

下取り車を査定してもらうために支払う費用です。

 

たいてい、5千円〜6千円の間で設定されています。

 

車買い取り専門店では、下取り車査定費用は発生しません。

 

下取り車手続き代行費用

 

下取りしたクルマの名義を変更、廃車にする抹消登録に陸運支局などに行くための手数料となります。

 

クルマ売買の手続きは、自動車を買った側が行いますので、必要ないはずの費用ですが、計上されている現状です。

 

料金は5000〜1万円ぐらいの間です。この下取り車代行手数料も自動車買取ではかかりません。

 

このふたつの諸費用、下取り車査定料と下取り車手続き代行費用が計上されている場合、

 

下取り車の価格は、10万円を切ってしまうことも多々あります。

 

大切に乗った車ならなおさら、高く売りたいですよね。

 

しっかり車売買を調べてみると、少しでも高く売れるのはどう考えても車買取ということになるのです。

 

下取り諸費用は、新車の値引き交渉によってなくしてくれる場合もあります。

 

しかし、

 

 

「下取りと新車購入は別なので無理」

 

 

といわれるとよく事情を知らない人はそういうもんなのかな・・・

 

と車下取りに契約してしまっている現状です。

 

もったいない話ですよね。

 

下取り諸費用のカットに応じてくれるなら、まだ下取りを検討する余地はあります。

 

しかし、基本的には自動車買取専門店の利用をおすすめします。

 

 

ズバット車買取比較は、数十秒で自動車買取査定価格がでます。

 

ガリバー、カーセブン、ラビット、ビッグモーターなど、大手車買取専門店に

 

一括自動車査定依頼ができるのでとても便利なサービスです。

 

ズバットへの登録は無料で、今10万円プレゼントキャンペーンをやっています。

 

まずはズバットから申し込んでみてください。

 

 

 

かんたん車査定ガイド

 

かんたん車査定ガイドも情報の入力が簡単で、数分程度で愛車の査定価格がわかります。
あなたの自動車のメーカー名、車種、年式、走行距離、とお名前、ご住所、連絡先などをいれるだけです。

 

最大10社の査定額をすぐにチェックできます。かんたん車査定ガイドは買取王ガリバーが参加する一括査定です。

 

 

 

カーセンサー

 

カーセンサーは初めて車売却する初心者の方にも、安心して依頼できるように配慮されている買取業者です。
カーセンサーはリクルートが運営するクルマ総合情報サイトです。

 

カーセンサーもかんたん車査定ガイドと同様に簡単にネット査定ができ、査定価格が比較できるのでおすすめです。

 

 

 

 

あなたの自動車・・・ 国産メーカー
トヨタ
日産
ホンダ
三菱
マツダ
スバル
スズキ
ダイハツ
いすゞ
ユーノス
日本フォード
ミツオカ
日野
レクサス

 

海外メーカー
BMW
BMWアルピナ
BMWハルトゲ
M・ベンツ
AMG V・ワーゲン
アウディ
オペル
ポルシェ
ドイツフォード
フォード EU
マイバッハ
GMC
シボレー
ポンティアック
キャデラック

ビュイック
サターン
AMC
クライスラー
フォード
ダッジ
マーキュリー
リンカーン
ホンダアメリカ
USトヨタ
日産USA
アキュラ
ローバー
ジャガー
A・マーチン
ロールスロイス

ロータス
ディムラー
ベントレー
ボルボ
サーブ
プジョー
ルノー
シトロエン
フィアット
アルファロメオ
アウトビアンキ
マセラティ
ランチア
フェラーリ
ランボルギーニ

 

是非、一度車買取店に申し込んでみてくださいね。

 

下取りの諸費用次第で買取を

 

クルマを買い換える時、車販売店に今乗っているクルマを代金の一部として売るのが下取りです。

 

ガリバーを初めとした車買取専門に売るのが車買取です。

 

どちらが高く買ってくれるかはたいてい車買取です。

 

不人気車や輸入車、改造車でも買い取り店のほうが高く買ってくれることがほとんど。

 

新車ディーラーの下取り査定であなたの自動車を

 

『5万円以下』

 

査定されたクルマでも、自動車買い取り店なら10万円以上付いたというのはよくある話なので、手間がかかるからという理由で下取りに出してしまうのはもったいないですよ。

 

クルマ買い替えの際、買い取り査定も受けてみてください。

 

オンライン査定なら無料ですし、数分の申込みで10社程度から自動車査定額の目安を知ることができます。

 

正確な査定額提示には出張査定といって、実際に査定士に来てもらわなければなりませんが、下取りよりも10万以上高く売れるなら全然いいですよね。

 

自動車買取時に注意しなくてはならないこと

 

10万円と言われた査定額を、新車ディーラーで「じゃ、ウチは11万円で下取ります!」と上乗せしてくることがたまにあります。

 

新車ディーラーも中古車は欲しいのです。

 

一見ディーラーの下取りのほうが1万円高いので下取りに決めた!となるかもしれません。

 

ぱっとみで得するように感じますが、ちょっと待ってください。

 

最終的には車買取の方が高くなります。

 

どういうことかというと、新車見積り書や注文書をよく見てみるとわかります。

 

下取りの場合、

 

『下取り車査定料』

 

『下取り車手続き代行費用』

 

という下取りのための諸費用かかるのです。

 

結果として、新車ディーラーに1万円上乗せするとうまいこといわれても

 

買い取り店に自動車を売るほうがいいのです。

 

もし、下取りが良い!という方は、上記諸経費の交渉もしてみてくださいね。