自動車査定時に不具合は事前申告する必要があるか

車の不具合は事前申告する必要があるのでしょうか?

自動車の不具合は事前申告する必要はあるのでしょうか。

 

査定の金額が下がるだろうから、申告をしない、また、査定士は見抜けなかったら黙っていればいいだろうという考えは、

 

なるべく自動車を高値で買い取ってもらいたいという売主の心情だと思います。

 

しかし、自己申告せずに最初の査定時には見つからなかった事故歴や修復歴が後から見つかり、価格を下げるように言われた、賠償金を請求されたなど

 

トラブルになるケースも多くありますのでおすすめしません。

 

交わした契約書の中で、車の売主は事前申告する必要があると明記されています。

 

もしそういった事故歴や修理歴の隠蔽をしていた、売り主が事前申告を守っていなければトラブルが起きて、後々もめますので、しっかり申告しましょう。

 

自動車売却の際にトラブルを避ける為ののリスク管理の一つとして、

 

愛車の不具合、事故歴や、故障している部分などしっかり申告して自動車査定をだしてください。

 

トラブルが起きたことによって次の新車の購入時期が狂ってしまったり、

 

時間と労力を損なう結果になってしまうのが、一番の損失です。

 

もし知っていたのであれば、事前申告をするほうが後々のトラブルを避けるためには間違いなくいいです。

 

中古車の売買は、専門的な言葉で契約を交わして、用語や意味のわからないままに契約が進んでしまうことがあります。

 

実際、中古車の取引に関する相談が国民生活センターには多く寄せられています。

 

車買取の取引をする業者も、大手や小規模など様々な業者で比較検討をして不利益のないように契約を勧めたいですね。

 

 

業者の比較には、オンライン一括査定を自動車で行うことをおすすめします。

 

買取店一社一社訪問して見積もりを出していては時間が足りませんし、一括見積もりをして、買い取り相場を把握した上で車売却の交渉にあたりましょう。

 

車を高く売るためには、一社でも多くの買取店に査定見積もりしてもらうのが高い査定額を引き出すコツです。

 

車を高く売りたい人は、こちらをご覧下さい。

 

査定自動車

 

 

自動車査定でもめることは避けたいですよね!

 

車売却はどこをめざすかが大切です。

車買取の際に不具合を申告しないと・・・

車査定の際に、事故歴や故障を申告しなかった場合、

 

いざ売るというときに買取店ともめる可能性があります。

 

また、買取店が気がつかなくても、自動車購入者がクレームを言ってきてもめるリスクがあるので、

 

必ず不具合は申告してください。

 

バンパーを交換した、追突してボンネットが以前破損した

 

など事故歴は伝えてください。

 

査定額に影響するでしょうが、後々にトラブルになるよりはましです。