カーセンサー中古車情報

カーセンサー中古車情報

 

カーセンサーは中古車の検索サイトで、良く使われています。

 

中古車情報だけでなく、車売却の際の見積もりなどもやっているサービスです。

 

全国で販売されている中古車を一度に検索することができるので便利です。

 

中古車は選び方が難しいと言われていますが、

 

カーセンサーならポイントが簡単に抑えられるのでいいですね。

 

最終的に実車で確認することが必要ですが、絞り込むのには最適です。

 

全国でどのような車が市場に出回っているのかを知るためにも利用してみてください。

 

中古車は地域毎に販売店の情報が登録されています。

 

各県を指定し、それから絞込。

 

車のメーカーを指定して検索することもできます。

 

購入したい車はたいていの人が決めていますよね。

 

その車を取り扱っている業者を探せばいいです。

 

もちろん、販売業者はたくさんあるので、一つに決めずに、各所を周ってみましょう。

 

中古車の選び方はポイントだけを押さえておけばいいでしょう。

 

細かい点を言い出せばきりがありません。

 

事故車を隠しているような販売業者はインターネットでも噂になります。

 

今はインターネットですぐに情報が伝わります。

 

悪徳業者が商売をしにくい時代となり、淘汰されています。

 

もちろん、全面的に信用することはできませんが、長年商売を続けているところが安心でしょう。

 

カーセンサー以外でも同じように中古車の情報を取り扱っている業者があります。

 

それぞれのポイントを知っておけば、より活用の幅が広がります。

 

中古車の購入を始めから考えている人は、5年から10年程度で購入を繰り返すことになります。

 

だんだんと中古車の選び方のコツを会得していきましょう。

 

新車と中古車の比較

 

新車と中古車はどちらが得でしょうか?

 

これは難しい問題で、人によって異なるといえます。

 

新車でも中古車でもこだわりを持たない人なら

 

選び方の幅が広がります。

 

価格を重視するか性能を重視するかで、いろいろなものを選べます。

 

最近の新車は低燃費志向で、少しでも燃費を向上させようと、

 

メーカーの競争が激化しているのは事実です。

 

中古車の場合は性能の劣化で、

 

新車時よりも燃費は悪くなります。

 

走行距離に比例して悪くなるわけではありません。

 

ある程度のところで劣化は下げ止まりします。

 

それぞれの車で使用状態が違い、あくまでも一般論です。

 

中古車の選び方の最大のポイントは、車の特性を知ることです。

 

新しい車には新車特有の匂いがします。

 

ゴムパッキンも全て新品ですから、新車の匂いがするのです。

 

中古車はゴムが劣化していますから、匂いません。

 

ゴムが劣化しても雨漏りがするわけではありません。

 

最低限の性能は保証されています。

 

中古車は手入れをしっかりすると、長く乗り続けることができます。

 

前の所有者が大切にのっていたのであれば、中古車でも全く問題ありません。

 

最近は新古車と呼ばれる車もあります。

 

年式は1年前で、ほとんど走っていないので、内部の劣化は無視できます。

 

 

中古車の走行距離

 

中古車の選び方の一つに走行距離があります。

 

走行距離の考え方についてまとめます。

 

まず、中古車データとして年式と走行距離があります。

 

過去にどれくらいの距離を走ったかが、走行距離

 

走行距離が長いと、それだけ劣化していると考えていいでしょう。

 

メーカーや車種によって劣化の度合いは違います。

 

長く乗れることを売りにしている車もあります。

 

年式は新しい方がいいですが、価格との兼ね合いとなります。

 

年式が古くなると、ゴム部分の劣化やガスの圧力不足が出ます。

 

適度に補修していけば十分対応できます。

 

以前は走行距離をごまかす行為が横行していましたが、

 

今はそのような不正行為ができない構造となっています。

 

走行距離はメーターの数字を信頼して大丈夫です。

 

車が走ると、常に振動を受けた状態となります。

 

エンジンは熱のため劣化することになります。

 

車体自体は長く持てるとしてもエンジンがいかれると、廃車にしなければなりません。

 

エンジンの修理は費用が高く現実的ではありません。

 

中古車の選び方のポイントです。

 

年式はできるだけ新しい方がよく、走行距離は5万キロを越えると大差ありません。

 

10万キロを一つの目安としている人も多いですが、

 

極端に燃費が悪くなることもありません。

 

同じ車に長く乗っていたいなら、日々の整備をしっかりすることです。

 

整備をしている車は長持ちしますね。

 

中古車と燃費

 

最近の車はエコカーが増えています。

 

燃費が向上して、環境にやさしくなってきているのです。

 

しかし、中古車市場ではそれは問題となりません。

 

長い間走っている車はエンジンの性能も劣化しているので、必然的に燃費も悪くなるのです。

 

エコカーが登場する前に作られた車もたくさんあります。

 

中古車を購入しようと考えている人で燃費のことを気にしている人もいます。

 

燃費を気にするなら軽自動車がいいでしょう。

 

中古車でも普通車に比べると格段に燃費は良いですね、

 

 

また、中古車の選び方のポイントとして、維持費があります。

 

車検の年数が少なければ、車体価格は安くてもトータルの維持費は高くなるのです。

 

購入した中古車に何年くらい乗るつもりかという出口戦略も考えておいたほうがいいですね。

 

次の車検までと考えているなら、それなりの性能で我慢しましょう。

 

選び方として購入する目的を明確にすることも大切です。

 

基本性能を重視するなら、ポイントを押さえておかなければなりません。

 

動けばいいと言う程度なら、少しトラブルがあっても修理せずに済ますこともできます。

 

良心的な販売店を探すことは重要ですが、そこに労力を費やすのも大変です。

 

いいものを安く購入できれば素晴らしいことですが、すべてに満足できることはありません。

 

悪徳業者にだけは捕まらないようにしたいものです。

 

無用のトラブルは避けたいですね。

 

そんなことを心配するくらいなら最初から新車を購入するという選択肢もあります。

 

中古車の問題

 

中古車の売買件数の増加に伴い、いくつか問題が発生しています。

 

選び方のポイントを押さえておけばいいのでしょうが、現実的には難しいといえます。

 

発生している問題の事例を知って、

 

自分が中古車を購入する時の参考にしてください。

 

選び方を間違えると面倒なことになるだけではなく、金銭的にも負担がふえます。

 

・中古車購入したが、半月でエンジントラブル。修理に出したが、1か月以上経っても直らない。

 

・インターネットで業者を見つけて、購入申し込みをしたが、翌日キャンセルしようとしたら5万円を払えと言われた。

 

・購入後1か月経って、パワーウインドウが動かないことが判明

 

・部品がなく修理できないので解約できるだろうか?

 

・購入手続きして引き取る時に放射能汚染の可能性が判明

 

 

この他にも様々な事例があります。

 

これらは選び方のポイントを知っておけば防げた事例です。

 

販売業者側に悪意があれば、防ぐことは難しいです。

 

車の専門家が一般の人を騙すのは簡単だからです。

 

中古車販売業者に悪質な人が多いとも考えられますが、それだけではありません。

 

購入する側にも責任の一端があると考えるべきです。

 

通常よりも安い商品を購入するので、それなりの理由があります。

 

新車と同じ品質を求めること自体が無理でしょう。

 

トラブルに巻き込まれないように中古車選びのポイントに注意することが大切です。